労働はクソ

うつ病や休職で疲れた新入社員のブログ。仕事、休職、うつ病、大学受験、ミニマリスト、日常等を書いていきます。

【スポンサーリンク】

英語を仕事で使いたいと思っている人へ【就活生必見】

こんにちは、さちおです。
 
仕事で英語を使うことって、少し憧れてしまいますよね。
 
決して自慢をするつもりではありませんが、現在、さちおは仕事で英語を使っております。
職場に外国籍の方も沢山おり、ほとんど毎日英語を使っております。
主に、電話と軽い業務連絡で英語を使っております。
(あまり詳しく書きすぎて特定されないように気を付けます。)
入社前は、仕事で英語を使えることを大変楽しみにしておりました。
 
しかし、現在では真逆。入社して4ヶ月が経ち、
「これ以上、仕事で英語を使いたくない!」
と思ってしまったのです…
現在も働きながら、日々思っております。
 

f:id:sachio929:20170829205218p:plain

今回は、実際に新卒入社5ヶ月目が、英語を使う職場で働き、感じたことをまとめました。(おまけで、外国人と一緒に働いて感じたこともまとめました。)
是非、ご覧ください。
 
特に、
「英語使って仕事したい!」と考えている大学生に伝えたいです…

 

そもそもさちおの英語力は?

ぶっちゃけ、あんま英語できないです(笑)

軽く、学習経験だけ載せておきます。

  • 大学は浪人でMarchの英文科
  • イギリスへ超短期留学(2週間、遊びっぱなし)
  • TOEIC800ちょい
  • 基本的に書籍で独学+大学の必修語学
  • 旅行や最低限の日常会話?くらいならできます

こんなもんです。大して勉強はしておりません。

ペラペラではなくても、何とかやっていけてはいます。

 

ただ、もともと理屈が通らないと気が済まない性格であり、日本語よりも「SVOC」や「文法」がわかりやすくて、パズルのような言語である英語は大好きでした。

好きだから、暇な時間に勉強している感じでしたね。

(それでも、アニメやツイッターを優先していましたが…)

 職場で英語を使って感じたこと

上記くらいの英語力で、4ヶ月働いてみましたが、

めっちゃしんどいですwww

※注:英語力がある人であれば、気にせず解決できます。

 

sachio929.hatenablog.com

 こちらでも書かせていただきましたが、本当に意思の疎通が難しいです…

ていうか、普段日本語で軽く流して説明するようなことすら英語を使わなくてはいけませんから、とにかくめんどくさいです…

  • 電話での連絡
  • 書類の内容の説明
  • パソコン操作の説明

等…

「もう日本語使わせろ~!!」

ってなってしまいますよ…

 

英語を使って仕事をすることに憧れる人って、

「会議で議論し、意見をぶつけ合いたい!」等と想像されるかもしれません。

ぶっちゃけ、自分もそうでした。

 

しかし、そんな夢を実現する以前に、業務上での連絡/意思伝達という、簡単な内容ですら英語を使わなくてはいけない、めちゃくちゃ面倒くさいことが沢山あるのです…

 

自分は面倒くさいことが大嫌いですが、そういうことに直面する覚悟ができている方でしたら是非!頑張ってください!w

外国人と一緒に働いて感じたこと

これは、あくまでも、さちおの職場で起きたことであり、決して外国人を差別しているわけではありません。
 
さちおが外国人と少し働いて思ったことは、
「みんな、めっちゃワガママだな~」ということです。
例えば、以下のようなことが起きました。
  • 当日無断欠席(社畜精神旺盛の日本ではなかなか考えられない。健常者です。)
  • ゴミめっちゃ放置する。デスクが汚い。ガムつける人、コーヒーこぼす人等
  • サビ残は1分もNG(ちょっと署名してもらうこと断られたことがあります。また、200円の残業代申請も見たことあります。)

こんなことが起きても、許せますか?

まぁ、「文化が違うから仕方ない」と気にせず流すことができるのであれば問題ないかもしれません。

自分自身、今まで大体は「仕方ない」で流してきました。

 

しかし、

デスクにガムはねえよwセンスありすぎwww

 

自分自身、ミニマリスト気質であり常に部屋をきれいに保っております。

外国人同僚の中でも、職場を汚すことだけは少し許しがたかったです…

 

何か一つでも、あなたにこだわりがあり、許せないことがあるのであれば、外国の方と働くことは少し考えてみてください。

 

※再三申し上げますが、決して外国人全員がこのようであるわけではありません。あくまでも、さちおの職場だけです。

まとめ


いかがでしたか?
今回は、さちおが英語を使って働いてみて感じたことについて紹介しました。

もちろん、全ての職場に同じ状況が当てはまるわけではないです。

あくまでも、さちおが考えたこととなります。

 

皆さんの中にも、熱心に英語を勉強されている方が沢山いらっしゃると思います。
ぜひ、英語を学んだうえで、それをどう生かすか、よく考えてみてください。

【スポンサーリンク】