労働はクソ

うつ病や休職で疲れた新入社員のブログ。仕事、休職、うつ病、大学受験、ミニマリスト、日常等を書いていきます。

【スポンサーリンク】

仕事辛い新入社員が、心療内科へ初めて行った結果wwwww

f:id:sachio929:20170829210355p:plain

こんにちは、さちおです。
 
労働って、クソですよね。
さちお自身、4月で新卒入社して以来、4か月間仕事に苦しめられてきました。
 
あまりにも精神が追い詰められ、体調も崩してしまい、
「このままじゃあかん」というわけで、
心療内科へ行ってきました!!
 
今回は、 新卒入社4ヶ月経過したさちおが、初めて心療内科へ行った様子をご紹介します。
 
※特定を避けるため、院名は出しません。院内の様子も写真に収めることはできませんので、基本的には文字で伝えることとなります。ご了承ください。

 

現在のさちおの症状は?

入社4ヶ月で、ざっと挙げられる限り、これくらいは仕事によって体を壊しました…

  • 不眠症。熟睡できない。途中で目が覚めることもしばしば
  • 食欲低下。1日1.5食くらいで、4月下旬から7kg減。
  • 電車の揺れで吐いてしまったことがある
  • 便秘。もう何度も切れ痔になりけている。
  • 左耳が頻繁に痛くなる
  • 活舌悪くなる
  • 趣味が全く楽しめない
  • 映画を1本見切れない、集中力がすぐ途切れる

……これくらいですかね。

クソニートッツイッタラーをやっていた学生時代には、全く縁がなかった症状ばかりが出ており、毎日大変つらい想いをしております…

全て仕事が原因です。

ほんと、仕事ってクソですよね。

皆さんもあまり無理はしないでください…

 

心療内科へ行った目的は?

理由は主に3つあります。

  • 体調を戻したいため
  • うつ病の診断書をもらいたいため
  • 心療内科に興味があったため

以下、一つずつ説明させていただきます。

 

・体調を戻したいため

→当たり前ですが、これが一番の目的です。先ほど記載した状態が何日も続けられるとは思いませんし、生活や仕事で大きな支障が出る前に何とかしたいと思っております。

 

・うつ病の診断書をもらうため

→やっぱり、書類の効力って強いそうです。会社都合での退職にしたり、休職期間を手に入れられたりできるということで、何としても手に入れたいと考えております。ちょっとあまりにも最近つらすぎるので、丸々1週間くらい休みたいです…お盆休みもありませんし…

 

・心療内科に興味があったため

→今まで、高熱が出た時に内科と、虫歯になったときに歯医者さんくらいしかさちおは行ったことがありません。

  • どんな治療方法で治されるのか
  • カウンセリングのやり方で、普段の営業の仕事に使えそうな技がないか
  • どんな人が患者さんなのか、自分のような社畜ばかりが患者なのか

純粋にこの辺りに興味がわいたため、心療内科へ行きました。

 

結局、心療内科へ行って、体調は良くなったの?

 

全く、何も変わっていませんw

初診はお医者様から、現在の生活状況や、苦しんでいる症状を聞かれるようなものでした。問診?というやつですね。

直接的に何か処方されたというわけではないです。

お医者様のROLEXの時計がめちゃくちゃかっこよかったし羨ましかったです。

 

30前後くらいのお医者様に様々なことを質問されたのですが、

「俺も働きだした時はほんと辛かったんですよ~」と、かなりフランクな感じで話しやすかったです。

年配のベテランお医者様に深堀をされても、あまり響かないと思いますので…

 

その後、紙媒体で軽い心理テストとうつ病チェック診断を受けて、その日の診察は終了となりました。

 

初診はとにかく問診や状況確認だけということで、今回の結果は次回の診察時にわかるそうです。

 

めっちゃ楽しみですね。

院内の様子

軽く説明させていただきますと、本当に普通の病院の待合室の様でした。

かなり大手の心療内科さんへ行ったのですが、お盆もやっているということで、朝からめちゃくちゃ人が沢山いました。

 

診察待ちの患者さんの中には、

「絶対に人生楽しめてるだろ!!」と、

嫉妬してしまうくらいガチ美人黒髪ロングの女性もいらっしゃいました…

人は見かけによらずって感じでしたね…

 

とにかくここで伝えたいことは、

心療内科も普通の病院でした!!!!

辛いと思ったら、遠慮せずに行きましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?
今回は、新卒入社5ヶ月目のさちおが、仕事がつらすぎて心療内科へ行った様子をご紹介しました。
 
心療内科って、そこまで敷居が高いものではないかと思います。
仕事で辛い想いをしている方、ぜひ参考にしてみてください。
 
今後も心療内科の方へは通わせていただく予定ですので、効果が顕著になり、体調が戻ってきましたら、また記事にしようと考えております。
またよろしくお願いします。

【スポンサーリンク】