労働はクソ

うつ病や休職で疲れた新入社員のブログ。仕事、休職、うつ病、大学受験、ミニマリスト、日常等を書いていきます。

【スポンサーリンク】

新入社員が体調不良で会社を初めて休み気づいた4つのこと

f:id:sachio929:20170829210520p:plain

こんにちは、さちおです。
 
労働って、クソですよね。
 
今年の4/3に入社して以来、本日初めて体調不良でさちおは会社を休んでしまいました。
一日中、自宅で寝て過ごしていたのですが、
会社辞めたい新卒なりに、沢山の思いが生じてしまった次第です…
 
今回は、さちおが初めて体調不良で会社を休み、感じたことをご紹介いたします。
まだ会社を休んだ経験がない新入社員の方へ、少しでも参考になれば幸いです。
 
※体調崩した当日にこの記事を執筆しておりますが、現在では体調が回復しております。沢山の方、お気遣いありがとうございました。
 
根本的に、最大の原因であるうつ病は全く良くなっておりませんが…
 

なんだかんだで上司は優しかった。

朝起きてから、会社行けないくらい体調不良なわけじゃないですか。
大嫌いな上司に仕事を休む連絡するの、めっちゃ嫌でした…。
  • 「本当に体調不良なの?」
  • 「担当してる仕事はどうするの?」
  • 「明日は来れそうなの?」
  • 「○○の準備しておけよ」「○○の施策考えておけよ」

等と、更に負担を与えてくるようなこと言われると思っていたからです…

 

ですが、連絡してみると、かなりあっさりした対応でした。

「病院行ってね。お大事に。」

と。予想外すぎて、拍子抜けしてしましました。

 

上司に連絡した後は、

「今日一日は仕事のこと考えずに休める~」と思い、思いっきり寝ておりましたが…

 

普段はクソな上司ですが、さすがに上司も人間ですし、他人を気遣うことができるということを知れました。

ほんの少しだけ、さちお的上司の評価上がりました

意外と気遣われると思いますので、皆さんも勇気をもって連絡してみてください。

 

無理は禁物ですよ~♪

 

時間がめちゃくちゃあることに気づく

さちおは普段、休日の予定はみっちりと前日に計画します。
出かける場所、酒飲む相手、読み本、見る動画…などなど。
かなり綿密に時間の使い方を計画するのです。
 
しかし、今回のような臨時の休日。
「やることねえ!!」
としか思えませんでした…
 
普段仕事をやっているときは時間の進みを早く感じますし、休日の時間も無駄にはしないので、本当にやることがなくて苦痛だと感じてしまいました。
 
先々に読もうと思っていた本も一気に読み切ってしまいました…
「一日って、こんなに時間があるのか~」と気づくことができた、良い機会にはなりましたよ~
 

休んでいることへの罪悪感が半端ない

体調不良とはいえ、やっぱり「ずる休みじゃないのかな?」と、自分をめっちゃ責めてしまいます。

自分が体調を治すためガッツリ寝ている間、同僚は働いているわけじゃないですか。

かなり申し訳無さを感じてしまう、めっちゃきつかったです…

社畜思考であり、「早く職場復帰しねえと…」という思いは募っていきました…

 

でも、なんだかんだで仕事はしたくない

先述したように、

「職場復帰しなきゃ!」という思いはめっちゃ強くなります。

ですが、一方で、

「この休日に溜まった仕事片付けなきゃいけないのか。だるいな…」

と感じてしまいます。

単純計算ですが、一日休んだ分の仕事を、復帰した日以降でやらなくてはいけないわけじゃないですか。

 

わかってはいることですが、

仕事休む=仕事の先送り、後に負担

めっちゃ辛いですよね。

この記事を書いている間、明日仕事へ行きたくない欲がマシマシです。

辞めたみマシマシです。辛いですね…

 

一日の遅れを取り戻すことが大変なお仕事に就いている方は、体調にお気を付けを…

 

まとめ

いかがでしたか?
今回は、さちおが初めて体調不良で仕事を休み、感じたことについてご紹介しました。


新入社員で仕事を休もうか悩んでいる方、ぜひ参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】