労働はクソ

うつ病や休職で疲れた新入社員のブログ。仕事、休職、うつ病、大学受験、ミニマリスト、日常等を書いていきます。

【スポンサーリンク】

【実態は?】「文学部は就職が弱い」とか言っちゃう受験生へ。

f:id:sachio929:20170829212645p:plain

こんにちは、さちおです。

労働って、クソですよね。

 

そんでもって、クソみたいな労働をするために、皆さんは大学へ入るわけじゃないですか。

大学受験するわけじゃないですか。クソを求めて。

んで、その大学受験するとき、「学部」って決めるじゃないですか。

で、何を根拠に言ってるのか知らないですけど、経済学部志望の文系受験生が口をそろえて

「文学部は就職が弱い!」

っていうじゃないですか。

ちゃんとした根拠があるなら構わないんですけど、

  • 「就職の何が弱いの?就職先?就職率?数字は?」
  • 「何を根拠にして弱いって知ったの?」
  • 「地方公務員とか、教師とかの人数も抜いて考えたの?」

みたいな質問しても、高校生誰も答えられないじゃないですか。

偉そうにしてるのに、無知じゃん。

しかも、最悪なことに、会社勤めも就活もしたことがない教師ですら

「文学部は就職が弱い!」とか生徒に吹き込んでるらしいですよ…

今時の教師も無知ですよね…難しい教員採用試験通っているのに…

 

何も知らずにディスるのって絶対によくないですし、皆さんも無知だと思われないようになってもらいたいです。

今回は、実際にさちおが1年の浪人生活と、MARCH文学部で過ごした4年間の経験をもとに、「文学部は本当に就職が弱いのか?」という疑問へ迫っていきたいと思います。

 

ゆっくりしていってね。

 

 

なぜ文学部は就職が弱いと思われるのか?

そもそも文学部って、何をしているところかわかりますか?

  • 「文学部は数字が絡まないから楽そう」
  • 「遊文学部(^q^)」
  • 「出席重視の学部っぽさそう…」

等のイメージがあるかと思います。

 

あくまでもさちお自身の話になりますが、さちおは学生生活でイギリス小説を学んでいました。

原文/日本語訳/解説書を読み漁って、自分で考えを巡らせつつ、考えの根拠を論文から引用し、レポートを書いていましたね。

学んだ知識単体で考えれば、全く社会で役に立たないことしか学びませんでしたよ…

 

んで、受験生の皆さんイメージしている社会人って、以下のような感じじゃないですかね?(あくまでも、さちおの若い頃の社会人のイメージです…)

  • パソコンカタカタしまくりITエンジニアさん
  • 倍返しにしたい銀行員さん
  • まったりお役所勤め
  • 弁護士!税理士!会計士!士業TUEE!!!

等…

 

学んでいることが、明らかに金融、公務員試験、ITなどに関連していないから、「文学部は就職は弱い」ってイメージを持たれるのだと思います。

 

そもそも、何をもって「就職が弱い」と定義するの?

先ほども申し上げましたが、

「就職が弱い」って定義が曖昧過ぎませんですかね?

  • 就職先に大手が少ない
  • 就職率が悪い

等が根拠なのでしょうか?

少なくともこのくらいのデータは調べてから、「就職が弱い」と定義しているのでしょうかね?

じゃあ、他の学部は「就職が強い」のでしょうか?

難しいお話ですよね…

さちおにはさっぱりです…

 

で、実際は、文学部は就職が弱いの?

あくまでもさちおの周りの話に限定させていただきます。

先ほど挙げた、

  • 就職率
  • 就職先
  • 就職活動

をメインに記載させていただきますね。

 

【就職率】

ほぼ100%だと思います。全然悪くないです。たまたまさちおの周りには大学院へ進学する人はいませんでした。また、就職浪人をする方や、ニート/フリーターになった人がいるという話も聞きませんでした。

 

【就職先】

普通に超大手企業から内定をもらった方沢山いました。メガバンク総合職の方もいらっしゃいましたし、IT企業へ就職する方も、メーカーへ就職する方も、沢山いました。地方公務員の方もいらっしゃいました。特に偏って人数が多い業界はありませんでした。ただ、やはり女の子が多い文学部ですので、一般職での就職をした方も多数おりました。

 

【就職活動】

特に「文学部は受けてはダメ」という会社はありませんでした。「学生時代に学んだことを説明してください。」と面接で聞かれたことはありましたが、文学部はむしろこの質問には答えやすく、有利だとすら思っております

 

結論を言うと、

別に文学部は就職弱くない。

ただ、学部柄、金融業界の比率などは経済学部などに負けてしまうかと思います。

 

まとめ


いかがでしたか?
今回は、文学部の就職の実態について記載しました。

現在進路に悩んでいる受験生の方、ぜひ参考にしてみてください。

 

文学部、めっちゃ楽しいよ!

おいでやす、文学部!

 

 

【スポンサーリンク】