労働はクソ

うつ病や休職で疲れた新入社員のブログ。仕事、休職、うつ病、大学受験、ミニマリスト、日常等を書いていきます。

【スポンサーリンク】

「なぜ」と質問する前に、絶対に気を付けるべき3つのことって?

f:id:sachio929:20170903203101p:plain

こんにちは、さちおです。

労働って、クソですよね。

そんなクソな労働についてブログで記載しているさちおでございます。

今回は、「なぜ」と質問する前に絶対に考えるべき3つのことについて記載いたします。

ゆっくりしていってくださいね。
※あくまでもさちおの主観です。批判コメントは大歓迎です。お待ちしております
※あくまでも営業職の端くれですので、少し書かせていただきますね。

 

 

「なぜ?」は、返答する相手に負担をかけることになる。

皆さんは普段、何気なく

  • 「なぜ○○したの?」
  • 「どうして○○したの?」

と質問するときがあると思います。

この質問、めちゃくちゃ相手の負担になることをご存知ですか?

理由は以下の通りとなっております。

  • 理由=既に過去のこと。現状とは無関係な過去のことをわざわざ引っ張り出して答えなければいけない。
  • 一つの状況、出来事が起きる理由なんて、絶対に一つとは限らないですよね。(例えば、交通事故が起きた場合、加害者/被害者の各状況全てが理由となる。)そのため、「なぜ」と質問されたら、返答する際はその理由を考えなければいけない上に、「どの理由を答えるのが相手に適切なのか」まで考えなければいけないのです。
  • 「なぜ」という二文字は短くて質問する側はとても楽です。一方で、答える側は、答えを考えているうちに「相手を待たせてしまっている」というプレッシャーを感じてしまい、負担になってしまうのです。

等…

以上の理由から、気軽に「なぜ」と質問する際は、相手に負担をかけていることを自覚してほしいです…

※特にさちおのような頭の回転が遅い人に対しては、絶対にNGです。さちおは上司から詰められてしまい、非常にストレスを感じていました。


「なぜ?」は連続して質問しやすい。

「なぜ」という質問は、連続して使い易いじゃないですか?

例えば、以下のような状況です。

A「なぜ医者になったの?」

B「人の命を救いたかったからです。」

A「なぜ人の命を救いたいの?」

B「えと、命は大切ですし、人の命を救うことは社会貢献にもなると思いますので…」

A「なぜ人の命を大切だと思うの?なぜ人の命を救うことが社会貢献になるの?なぜ社会貢献をしようと思うの?」

B「(コイツ、ほんとキモイな…)」…

ここまでしつこく質問する例は極端ですが…

「なぜ」と連続で質問することはキリが無くなってしまいます。

本当に聞き出したいことから話が脱線してしまう可能性が出てくるのです。

先ほども話に出させていただきましたが、ただでさえ相手の負担になる質問ですので…

 

「なぜ」の連続は、就活の自己分析くらいに留めておきましょう♪

「じゃぁ、『なぜ』を使わずに、どうやって質問するんだよ!」

とお思いの方、ご安心ください。いかに対処法を記載しますね。


「なぜ?」という質問を5W1Hに置き換えましょう。

ここまで記事を読んでこられた方はお判りだと思います。

  • なぜを使わずに、相手に負担をかけずに質問する。
  • 聞きたい情報だけを効率的に聞き出す。

以上二つを意識して、今後皆さんは

「なぜ」という質問を5W1Hの質問に置き換えてください。

※あれ、5W1Hって、"Why"含まれていましたっけ…?

具体的には、以下のような質問となります。

※先ほどの「なぜ医者になったの?」の変換

  • 「どんな患者を治したくて医者になったの?」→How
  • 「いつ頃医者を目指そうと思ったの?」→When
  • 「何がきっかけで医者になったの?」→What
  • 「どこの大学で医学を学んだの?」→Where

等…

このように質問すれば、「なぜ」と抽象的に質問するよりも、答える内容が明確になります。

結果的には相手の負担にもならず、スムーズに聞き出したい返答を手に入れることができるのです。

 

皆さんも、是非試してみてくださいね。


まとめ

いかがでしたか?
今回は、「なぜ」と質問する前に絶対に気を付けるべき3つのことについて記載しました。

営業職の方、異性との会話に困ってしまう方等、ぜひ参考にしてみてください。

www.sachio929.net

 

以上、さちおからでした~

※ご質問・ご相談は、TwitterのDMまでお気軽に♪

ブログの更新情報や、さちおの社畜ライフの様子が流れてくるツイッターのフォローもお忘れなく~!

twitter.com

【スポンサーリンク】