労働はクソ

うつ病や休職で疲れた新入社員のブログ。仕事、休職、うつ病、大学受験、ミニマリスト、日常等を書いていきます。

【スポンサーリンク】

【学生必見】短期語学留学のデメリット4選【本当に行くの?】

f:id:sachio929:20170905193500p:plain

こんにちは、さちおです。

労働って、クソですよね。

そんなクソな労働について、このブログで記載しているさちおでございます。

今回は、短期語学留学のデメリット4選について記載いたします。

ゆっくりしていってくださいね。
※あくまでもさちおの主観です。批判コメントは大歓迎です。お待ちしております。
※デメリットを伝えますが、さちおも短期語学留学へは行っております。
※割と当たり前のこと書いちゃってる記事です、ごめんなさい。

※「行くな!」って言ってるわけではないですよ。

 

 

留学先で、日本人多い、日本人と行動しちゃう。

語学留学する時期って、春休みとか、夏休みの長期休暇中ですよね。
その時期に、大学生がこぞって短期語学留学へ向かうわけです。

おまけに、語学学校が固まっている地域って、大体観光地が固まっている都心じゃないですか。

まぁ、間違いなく日本人とはつるんでしまいますよね。
参考までにさちおの例を出します。

さちおは一人で留学エージェントへ申し込みましたが、留学先の語学学校が最悪でした…
丁度、某都内の大学が、単位認定の短期語学留学のコースを実施していた時期であり、さちおが所属したクラスの半数以上がその大学の学生だったのです…

まぁ、なかなかその人たちとは馴染めませんし、授業外では平気で日本語使っていましたね。少しでもその人たちとは距離を置いて過ごしていましたが…

さちおだけに限りませんし、ここまでひどい例があるかもわかりませんが、確実に日本人とある程度関わることは覚悟してくださいね。


留学には短期でもお金がかかる。結構かかる。

短期と言っても、結構お金がかかります。
ざっと書き出してみても、以下のお金はかかります。

  • 渡航費
  • 語学学校の授業料
  • 宿泊費(寮かホームステイかにもよりますが…)
  • 留学先での食費
  • 観光するためのお金

等…

ヨーロッパだと、一ヶ月で100万円前後だと思います。
(観光せず語学に特化して、フィリピンなどで過ごすのであれば、かなり費用は抑えられるらしいのですが…)

結構お金がかかります。

それに見合うリターンを得られると自信があるなら、短期語学留学へは挑戦してみてもいいと思います。
しかし、100万円ですよ?
100万円あったら何しますか?
旅行へ沢山行けますし、車の免許を取れますし…

金額の重みを考えてみてはいかがでしょうか。

 

長期休暇を留学に使うのは少しもったいない

そもそも、留学って、そこまで大切なことでしょうか?

老害らしく凄い当たり前のことを言いますが、大学生の夏は二度と来ないのですよ?
時間が人生で一番大切なんですよ…?

それを差し置いてまで、留学ってするべきものですかね…?

ちなみに、就活では、留学ネタはあまり光りません。
留学している人があまりにも量産されていますし、国内で英語を身に着けてペラペラの方もいますし…

そういったことを考えてみて、夏休みは全力で遊んでみてはいかがでしょうか?

 

短期語学留学だけではそこまで英語が身につかない

これは、正直、人によると思います。

語学学校の授業って、大体午前中に終わりますよね。
※コースによっては午後まであるかもしれません。

朝から晩まで、みっちり英語やるところは少ないのではないでしょうか?
おまけに、グループレッスンですと、1レッスン辺りで英語を喋れる時間も限られていますし…

 

少なくとも、さちおはあまり英語が身についた気はしませんでした。
※元々観光をメインの目的で行ったことや、先ほどの日本人が多かったことも理由となりますが…

 

おまけに、英語って国内でも身に着けることができます。
参考までに、100万円あれば英会話スクールへ1~2年は通えます。
※もちろん、書籍のみで身に着けられる方もいらっしゃいます。

以上のような理由から、英語を身に着けるためだけに短期語学留学へ行くのは少しお金と時間がもったいないです。

特定の国、地域へ行く目的があり、そのついでに語学を学ぶという目的でしたらアリだとは思いますが…
※さちおがこれに当てはまります。

 

まとめ

いかがでしたか?
今回は、短期語学留学のデメリット4選について記載しました。

どうか、本当に留学が将来へ繋がるのか、考えてみて欲しいです。
学生の方は、ぜひ参考にしてみてください。

留学へ行こうか悩んでいる方からの質問などもいつでもお待ちしております。

以上、さちおからでした~

【スポンサーリンク】