労働はクソ

うつ病や休職で疲れた新入社員のブログ。仕事、休職、うつ病、大学受験、ミニマリスト、日常等を書いていきます。

【スポンサーリンク】

さちおが銀行のATM壊しかけた話

 

f:id:sachio929:20170906184318p:plain

こんにちは、さちおです。

労働って、クソですよね。

そんなクソな労働についてブログで記載しているさちおでございます。

今回は、さちおが銀行のATM壊しかけた話について記載いたします。

 

全く役に立たない記事ですが、たまには少し面白い体験について記載しようと思います。

ゆっくりしていってくださいね。
※あくまでもさちおの主観です。批判コメントは大歓迎です。お待ちしております。

 

 


それは、小銭の預け入れをした際に事件は起きた。

当時、さちおが使っていた銀行は、緑色のところです。
さちおは当時、アブラサスの小さい財布を使っておりました。

 

小さい財布 abrAsus(アブラサス)ブラック
 

 

 

すぐ小銭が溜まってしまい、ATMに小銭の預け入れをして、財布の中身を整理しようと考えていたのです。
※おそらく、皆さんは小銭の預け入れなんてめったに使わないかと思います。

いつも通り、小銭の預け入れをしようとした際、事件は起きたのです。

 

ちなみに、今の財布はこちらです。

 

www.sachio929.net

 

どんなことが起きたの?

小銭をATMへ入れてから数秒後、

「ガッ、ガッ、ガリガリガリガリ…」

というような、明らかに何かが引っかかる音がしたのです。
しかも、その音はかなり大きく、周りの人にも注目されました。
凄く恥ずかしかったです…

 

事件が起きた原因は?

そのガリガリ音をかなり長い時間聞いておりました。
数十秒は鳴りやみませんでした。

「何かマズいものでもATMに入れたかな~」と思い小銭入れを覗くと、ようやく気付きました。

「あ!!!!やばい!!!!!」と。

さちおは普段、自転車の鍵を財布の小銭入れにしまっております。
一度にバサッと小銭の預け入れをした際、間違えてATMに自転車の鍵を入れてしまったのです。

「やばい」と考えつつ「ATMって一台100万円くらいかな…?」等と現実的な焦りを感じていました。

それでも、ガリガリ音は鳴りやみません。

焦って変な汗が出てくるばかりです。

 

結局どうなったの?

結論から言うと、ATMは壊れませんでした。

かなり長い時間が待ち、ようやくATMの小銭預け入れのスペースが開きました。

 

さちおの自転車の鍵一つがポツーンとそこに置いてあり、ATMは無事でした。

「よかったぁ、無事で…」
という思いと共に、自転車の鍵を取り戻し、ATMを後にしました。

あの時の焦りは、言葉に表しようがないレベルでヤバかったです…

ATMの弁償って、多分ヤバい金額ですよね…

 

ATMって費用がかかるものなの? - NAVER まとめ

 

まとめ

いかがでしたか?
今回は、さちおが銀行のATM壊しかけた話について記載しました。

 

ATMを使う際は、ぜひ参考にしてみてください。
絶対に自転車の鍵をATMに入れちゃだめですよ!

今後も、たまにさちおの面白い経験を記事にしていこうと思っております。

以上、さちおからでした~

※ご質問・ご相談は、TwitterのDMまでお気軽に♪

ブログの更新情報や、さちおの社畜ライフの様子が流れてくるツイッターのフォローもお忘れなく~!

twitter.com

【スポンサーリンク】