労働はクソ

うつ病や休職で疲れた新入社員のブログ。仕事、休職、うつ病、大学受験、ミニマリスト、日常等を書いていきます。

【スポンサーリンク】

【不眠症必見】下着を履かずに寝る3つのメリット【下ネタ記事】

f:id:sachio929:20170908184751p:plain

 

こんにちは、さちおです。

労働って、クソですよね。

そんなクソな労働について、このブログで記載しているさちおでございます。

 

今回は、下着を履かずに寝る3つのメリットについて記載いたします。

ゆっくりしていってくださいね。
※あくまでもさちおの主観です。批判コメントは大歓迎です。お待ちしております。

※さちおは実際に毎日下着を履かずに寝ております。

※少しばかり下ネタが出てきます。

※めっちゃ文字数少ないです。

 

 

下着を履かずに寝るメリット

 

1.よく眠れるようになる。眠りが深くなる

 

下着を履かずに寝ると、快眠を得ることができます。

理由は非常に単純で、下着による締め付けが減ることで血の流れが良くなり、睡眠が良くなるそうです。

同様の理由で、基本的には締め付けの強い服を着ながら寝ることはあまり好ましくないそうです。

出来る限り、全裸に近い服装を寝巻にしましょう♪

寝室に鍵をかけて寝れば誰も心配しませんよ♪

 

2.夏場、暑い時期は蒸れない

夏場暑いとき、股の辺りを涼しく感じることができます。

エアコンの恩恵を大きく感じることができるでしょう。

 

3.入浴する際、脱衣所に下着を持って行き忘れても大丈夫

さちおはドジなので、以前下着を履いて寝ていた時は、脱衣所に下着を持っていくことを忘れてしまうことが多々ありました。

ですが、下着を着ないで寝るようになってからは、脱衣所に下着を忘れても慌てることが無くなります。

物忘れが激しい方、トライしてみてはいかがでしょうか?

 

デメリット

1.夢精したときに対処できない。

普段からしっかりと性処理をしている方であれば全く問題無い話です。

下着を履かずに寝て夢精してしまった際は、かなり大変なこととなってしまうでしょう。

そこだけはお気をつけてください。

 

2.朝から出かけるとき、下着を履き忘れて出かけてしまう可能性がある。

寝巻がスエットで、近くのコンビニへ行く程度であれば全く問題ないかと思います。

うっかり下着なしの生活に慣れてしまい、下着を履かずに出かけてしまう可能性もあ出てきてしまいますので、気を付けましょう。

股の違和感には常に注目ですね♪

 

まとめ

いかがでしたか?
今回は、下着を履かずに寝る3つのメリットについて記載しました。

今年の夏ももう終わってしまいますが、現在不眠で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

以上、さちおからでした~

 

寝る時くらい下着履いてなくても、どうせ誰にもバレないから!

【スポンサーリンク】