労働はクソ

うつ病や休職で疲れた新入社員のブログ。仕事、休職、うつ病、大学受験、ミニマリスト、日常等を書いていきます。

【スポンサーリンク】

【営業職の本音】「嫌いな顧客」あるあるベスト3まとめてみました。

 

f:id:sachio929:20180112175728p:plain

こんにちは、さちおです。

労働って、クソですよね。
嫌な顧客って、クソですよね。

そんなクソな労働について、毎日ブログを書いているさちおです。

本日も、営業職関係の記事について書かせていただきます。
よろしくお願いいたします。

営業職の皆さんは、「嫌だなぁ…」「関わりたくないなぁ…」といった顧客に巡りあったことはありませんでしょうか?
そもそも、人と交渉すること自体にストレスを感じ、仕事が嫌いになってしまっていたりしないでしょうか?

今回は、嫌いな顧客あるあるベスト3について書きます。
さちおも営業職としていろいろな顧客を相手にしてきましたので…

ゆっくりしていってくださいね。
※あくまでもさちおの主観です。
※明らかに嫌われるであろう「クレーマー」等は抜いております。

以下、関連記事を載せますね。

 

www.sachio929.net

www.sachio929.net

 

 

嫌いな顧客の基準って何?

あくまでもさちおの経験談になってしまいますが、業務の邪魔になる顧客はすべて嫌いな顧客として考えております。
営業職をやっている皆さんであればわかるかと思いますが、一人の顧客に多くの時間をかけられるわけではないですね。

一人の顧客との交渉が済めば、次の顧客との交渉を進め、どんどん売り上げを作っていかなければいけないですよね。
どんどん先へ進めなければいけない営業職となりますが、その進捗を妨げるような顧客を今回はまとめさせていただきました。

端的に言うと、嫌いな顧客は「話が進まない」「交渉が完結しない」顧客となっております。
ゆっくりしていってくださいね。

 

【第3位】何も調べていない顧客

凄く面倒くさいですよね、この顧客。
何も調べていない故に、他社製品との比較もしていない、商品選びの基準をわかっていないわけなのですよね。

そこをまず掘り下げて確認しなければいけないのです。
交渉に凄く時間がかかってしますよね。面倒くさいですよね。
※ただ、何も知らない故に、こちらの思い通りに交渉を進めやすいわけですが…

また、何も調べてない故に、商品の相場を知らない顧客が一番面倒くさいです。
こちらから値段を提示した瞬間に「ぇえ、そんな値段するんですか…」みたいに購買意欲が下がってしまうんですね。

※「こんなに安いんですか?!」なんて顧客、いませんよね。
何も知らない相手に対して時間をかけて説明したにもかかわらず、値段だけによって断られてしまうのです。

努力を水の泡にさせてくるようなタイプが、この顧客となります。
関わりたくないですよねぇ…

 

【第2位】「忙しい」が口癖で人の話を聞こうとしない顧客

このタイプ、営業の仕事に限らず、日常生活全般でもめっちゃ嫌いなんですよね。
「忙しい」と言って断れば「相手に対して失礼ないだろう」とでも思っているのか知りませんよね、この人たちは。

※ぶっちゃけ、さちおもたまにやりますけど。

「忙しい」だけで言われてしまっては、顧客の状況の詳細はわかりませんよね。
また、交渉のアポイントメントも取ることができません。凄く中途半端なところで交渉が滞ってしまいますよね。

凄く万能に断れるフレーズが「忙しい」です。
しかし、このフレーズは営業職からすれば、究極的に面倒くさく、扱いが難しいのです。

しかも、「忙しい」って言ってるやつって、絶対に忙しくないですよね。
資格や大学受験に追われている人、仕事で結果を出さなくてはいけない人など、本当に忙しい人は世の中に沢山いるかと思いますけど…

「忙しい」って言ってる時点で、それだけの時間はあるわけですよね。
絶対に忙しくないですよね。忙しくないなら、さっさと断るか、こちらの話をしっかり聞いてほしいですよね、本当に…


【第1位】決断を先延ばしにし続ける顧客

はい、第1位です!
決断を先延ばしにし続ける顧客、これ一番最悪なパターンです。
究極的に迷惑な顧客ですよね、このタイプ。

「断るのはかわいそうだし、購入も悩ましいし、どうしよう…」って考えているのでしょうか、この人たちは。
この考えが一番迷惑をかけていることを、この顧客はわかっておりませんよね。

  • 決断を先延ばしにしているから、次の顧客に進めない
  • 後は決断だけだから、購入の可能性に期待してしまう
  • 購入ギリギリで踏みとどまっているから、購入のプッシュもし辛い

等々…

めちゃくちゃ扱いが難しいです。

業務が止まってしまいますし、迷惑極まりないのです。
営業職の人件費のことも考えてほしいですよね…

こちら都合のことばかりを書いてきましたが…

 

まとめ

いかがでしたか?
今回は嫌いな顧客あるあるベスト3について書きました。

営業職の人、ぜひ参考にしてみてくださいね。

また、該当した顧客の立場である人は、振る舞いに気を付けてみてくださいね。
きっと、営業マンの方々にも喜ばれますよ♪

以上、さちおからでした~
※ご相談がございましたら、何でも遠慮なくTwitterのDMまでお願いします♪

 
ブログの更新情報や、さちおの社畜ライフの様子が流れてくるツイッターのフォローもお忘れなく~!

twitter.com

【スポンサーリンク】