労働はクソ

うつ病や休職で疲れた新入社員のブログ。仕事、休職、うつ病、大学受験、ミニマリスト、日常等を書いていきます。

【スポンサーリンク】

【幹事必見】会社の飲み会で鍋を絶対に選んではいけない4つの理由って?

 

f:id:sachio929:20180115214037p:plain

こんにちは、さちおです。

労働って、クソですよね。
会社の飲み会ってクソですよね。

そんなクソな労働について、毎日ブログを書いているさちおです。

皆さんは、忘年会などには参加されましたか?
「華金」なんて馬鹿な風習に流されて、金曜日仕事終わりの貴重な時間を無駄にしたりしてませんか?その間にも、さちおはブログを書いてお金儲けへとつなげているわけですが…

今回は、会社の飲み会で鍋を選ぶ奴はクソってことについて書きます。

ゆっくりしていってくださいね。
※あくまでもさちおの主観です。

以下、関連記事を載せますね。

 


鍋は、上司によそったりするのが面倒くさい。

鍋って、当たり前ですが、鍋から直接口に食べもを運ぶわけじゃないですよね。
必ず、個々人の小皿によそってから、口に運ぶわけですよね。
当たり前のお話ですよね。

んで、会社の飲み会においては、他人の食べる分もよそらなくてはいけないわけです。
下っ端の皆さんは、今後の出世を気にするため、上司に媚を売るために自ら進んで上司の食べる分をよそるわけですよね。

  • 「○○さん、嫌いな食べ物ありますか?」
  • 「○○さん、どれくらい食べれますか?」
  • 「○○さん、これ食べてあったまってください!」

等々…

「子供じゃねえんだから、自分で食べるくらい自分でよそれよ!」って思ってしまいますよね。
会社での人間関係の構築があまりにもクソゲーであることは皆さんもわかっているわけですが。

んで、上司によそることに夢中になっていたら、いつの間にか自分の食べる分がなくなってたりしますよね。
でもきっちり割り勘でお金を払うわけです。家に帰ってから、「ぁあ、損したな、会社の飲み会はクソだな。鍋食いまくった上司、〇んでくれないかな。」なんて呟くわけですよね。

会社の飲み会って、本当にクソですよね。

 

鍋がテーブルの上の面積の大半を占める。他の食べ物を頼めない。

そもそも、さちおは、飲み会で鍋って大嫌いなんですよ。
(赤からだけは別。あれだけは許す。冬の寒い時期は最高。)

だって、コンロを含めて鍋がテーブルの上にセッティングされてしまいますと、テーブルの上がかなり狭くなってしまいますよね。めちゃくちゃ狭くなってしまいますよね。

テーブルの上が狭くなってしまう故、他の飲み物、食べ物が頼めなくなってしまうわけです。新しく飲み物が欲しくなっても置くスペースがないわけです。
ニンニク料理を食べた後に、お口直しにアボカドサラダを頼もうとしても、置けないわけです。

酔っ払いが放置したグラスが大量に放置されていたら、もう何もテーブルの上には置けませんね。
結局、幹事さんがグラスをまとめて通路に置き、店員さんい持って行ってもらうわけなのですけど。

幹事さんも大変ですし、食べたいもの飲みたいもの頼めずにストレスもたまりますし、鍋の罪は重いですよね。

 

まぁ、私の経験なのですが。


鍋は、雑炊という後処理が面倒ください。

雑炊って後処理が面倒くさいですよね。食べ物のことを「後処理」なんて呼ぶのも失礼かもしれませんが…
んで、先程同様に、上司によそらなくてはいけないわけですよね。
「○○さん、まだ食べられますか?どれくらいよそりますか?」ってね。
この時点で、スーパー面倒くさいわけです。

おまけに、火加減に拘るやつ、卵を入れるタイミングにこだわるやつ等が出てくるわけです。めちゃくちゃ面倒くさいですよね。

しかも、雑炊って、もう飲み会も終盤じゃないですか。
ラストオーダー前後ですよね、きっと。

酔いつぶれてる人もいますし、飽きてスマホをいじりだす人もいるわけです。
雑炊を食べない人って、沢山いるかと思います。

んで、結局は食べれる人だけが少し食べて、残してしまうんですよね。
残飯処理もままならないですよね。

処理というか、扱いが面倒くさい雑炊って、最悪ですよね~。

 

鍋奉行の老害〇社員が面倒ください。

鍋奉行って、ガ〇ジがいるわけじゃないですか。

鍋奉行なべぶぎょう)とは、料理を仕切る役職である。料理に対して出汁の量、具材を入れる順序や位置、火加減などに対して事細かく示をする人のこと。 実際の所、料理をする人が多く、他人の味付けに対して気に入らなかったり順序を守らずに味が崩れるのを防止するために言っていることが多いが、複数人でわいわい楽しむの席では単なる口うるさい人にしかなっていないケースが大半、というのが実情である。(ニコニコ大百科様より)

具材を入れる順番とか、あくの取り方とか、雑炊のやり方とか。
自分のこだわりを押し付ける、やばい奴です。

しかも、鍋を取り仕切っているのに、別に幹事をやっているわけでもないんですよね。
好き放題威張ってるだけの最悪な人種のパターンです、鍋奉行って。

おまけに、鍋奉行がある程度年配の社員でしたら、逆らうことも出来ませんよね。
もう、最悪ですよね。

そんな鍋大好き、鍋奉行老〇害社員が大活躍するのが、飲み会の鍋なわけです。
最高に面倒くさいですよね~。

 

まとめ

いかがでしたか?
今回は会社の飲み会で鍋を選ぶ奴はクソってことについて書きました。

幹事に慣れていない人、ぜひ参考にしてみてくださいね。

以上、さちおからでした~
※ご相談がございましたら、遠慮なくTwitterのDMまでお願いします♪


ブログの更新情報や、さちおの社畜ライフの様子が流れてくるツイッターのフォローもお忘れなく~!

twitter.com

さちおと一緒に赤からに行ってくれる人は年中募集しております。

【スポンサーリンク】