労働はクソ

うつ病や休職で疲れた新入社員のブログ。仕事、休職、うつ病、大学受験、ミニマリスト、日常等を書いていきます。

【スポンサーリンク】

【資格】有料自習室を絶対に利用すべき5つのメリットって?【勉強】

まだカフェで消耗してるの?

f:id:sachio929:20180902153758p:plain

こんにちは、さちおです。
こんにちは、有料自習室利用者です。

有料自習室って、最高ですよね。
労働って、クソですよね。
そんなクソな労働について、毎日ブログを書いているさちおです。

皆さんは、有料自習室を利用したことはありますか?
「有料自習室?カフェで足りるじゃん何で金払わなけばいかんの?」と言う人もいらっしゃれば、「有料自習室最高、住み着いている」と言う人もいらっしゃるでしょうか?
そもそも、存在を知らない人もいるかもしれませんね。

ちなみにさちおは、後者です。
資格勉強期間は、ずっと有料自習室を利用しておりました…

今回は、有料自習室を絶対に利用すべき5つのメリットについて書きます。

ゆっくりしていってくださいね。
※あくまでもさちおの主観です。

以下、関連記事を載せますね。

 

www.sachio929.net

メリット1-有料自習室は、静か。

有料自習室は、凄く静かです。
作業に集中できます。

大体の有料自習室が、

  • 私語禁止
  • イヤホンの音漏れ厳禁
  • キーボードのタイピングの音抑えろ

等、厳しいルールが敷かれております。

もう、「予備校の自習室かよ!」って突っ込みたくなってしましますよね。

苦情が重なった利用者に対しては、ペナルティなどもあるそうですね。

カフェで勉強する場合って、周りがうるさいわけじゃないですか。
何の将来も考えたいない、頭が弱そうなJKJDが、何の生産性もない会話を長時間続けているわけで。

そんなことがないのが、有料自習室です。
有料自習室を集中すると、音に邪魔されずに作業に専念できるのです。

 

メリット2-有料自習室は、安い。

有料自習室って、結構安く利用できるんですよ。
場所にもよりますが、利用料は月8000円~10000円くらいですね。
朝から晩まで一日中利用しても、1日300円前後なわけじゃないですか。

カフェで勉強してしまうと、1杯のコーヒーで400円くらいかかってしまいますよね?
30日行き続ければ、12000円くらいかかってしまうわけじゃないですか。
※おまけに、追い出されてしまう可能性もありますしね…

カフェ代が気になる方は、是非、自習室を利用してみてはいかがでしょうか?

 

メリット3-有料自習室の運営時間は長い。

有料自習室って、運営時間が凄く長いんですよ。
早いところであれば、朝6時から開いております。

出勤前の社会人の方が勉強できるようにしているためですかね。
凄く朝早くから利用できるわけです。

今時はスタバでも朝7時からやってますけど、6時から勉強ができるのは大きいですよね。
勉強なんて、朝方が圧倒的有利なわけ有料自習室がありますし…

朝早くから勉強をしたい方、是非有料自習室を利用してみてはいかがでしょうか?
新宿等の主要な駅であれば、3つくらいはゆありますしね。

 

メリット4-有料自習室は、パソコンが使える。

有料自習室って、パソコンも使うことができるんですよ。
「自習室」って名前が書いてあるくせに、ブログの執筆もできるわけです。

※もちろん、タイピングの音は抑えなくては注意されますけど…

おまけに、Wi-Fiが飛んでいる自習室もあります。
※この辺りは、要注意です。Wi-Fi利用料を取られる場所もありますので、ご注意を。

スタバでドヤ顔でマックブックをいじる振りをして優越感に浸るのもいいですけど、集中してブログを書きたい人などは有料自習室のご利用はいかがでしょうか?

 

メリット5-有料自習室は、勉強道具を置ける。

有料自習室には、勉強道具を置いて帰ることができます。
置き勉ですね、皆さんも学生時代は毎日していたのではないでしょうか。

オプションで料金を取られる場合が多いですが、有料自習室ではロッカーを借りて勉強道具を置いて帰ることができます。
オプション料金といっても、せいぜい500円~1000円程度です。

これくらいの値段を払って、全科目の重たいテキストを持ち運ばずに済むのは、コスパ良くないですか?


まとめ

いかがでしたか?
今回は、有料自習室を絶対に利用すべき5つのメリットついて書きました。

勉強場所に悩んでいる人、ぜひ参考にしてみてくださいね。

以上、さちおからでした~
※ご相談がございましたら、遠慮なくTwitterのDMまでお願いします♪


あとがき

もう二度と勉強はしたくない…

 

www.sachio929.net

 

【スポンサーリンク】