労働はクソ

うつ病や休職で疲れた新入社員のブログ。仕事、休職、うつ病、大学受験、ミニマリスト、日常等を書いていきます。

【スポンサーリンク】

【就活】絶対に必要な、会社選びの3つの軸って?【転職】

 

社会人2年目を迎えて、「今就活生に戻れるなら…」という想いで書きました。
これから就活に挑む方は、反面教師にしてね。

f:id:sachio929:20180926023659p:plain

こんにちは、さちおです。
こんにちは、社畜です。

労働って、クソですよね。
そんなクソな労働ライフについて、毎日ブログを書いているさちおです。

皆さんは、会社選びの軸って、知っていますか?
会社を選ぶ時の基準と言ったり、こだわりと言ったり…

人それぞれの言い方がありますよね。

「お金が大切!稼げる会社に入りたい」と言う人も、「時間が大切!ワークライフバランス!」と言う人もいらっしゃるでしょうか?

ちなみにさちおは、後者寄りですね。
絶対に時間が大切ですもん。

今回は、さちおが考える「絶対に必要な、会社選びの3つの軸」について書きますね。

※あくまでも、さちおの主観です。
※大前提として、さちおはまだ1社しか経験していません。

以下、関連記事を載せておきますね。

 

www.sachio929.net

www.sachio929.net

ゆっくりしていってね!

 

 1-残業がないor少ない会社

一番大切な軸です。
絶対に残業が少ない会社へ就職しましょう。

当たりまえですが、残業時間が少なければ、自分の時間を持つことができるのです。

  • 趣味を楽しむ
  • 家族を過ごす
  • 投資なりブログなりでお金を稼ぐ

やりたいことやるために生まれてきたのに会社に搾取されるのは本当にバカなことですし…
会社以外に何かしらの逃げ場を残していれば、会社でどんなに嫌なことがあっても耐えられますしね。

「残業代で稼ぐ」なんてバカ丸出しの考えは捨てましょう。
今時、会社以外でお金を稼ぐ方法なんて沢山ありますしね。
残業代で稼げない分は、他で補いましょう。

さちお的には、月の残業時間が10時間超えている会社は絶対に入社したくありませんね。
10時間程度の残業をしても、時間的にはやりたいことはできますが…

毎月10時間も残業すれば、「こいつは残業してもいい社員なんだな!」って思われて、任される仕事も増えてしまいそうですしね…
残業があるだけで、社員を洗脳する気満々じゃないですか…

そんな会社嫌ですよ…

年収主義のエリートリーマンの方も、残業で稼ぐなんて考えは忘れて、時間を確保してみてはいかがでしょうか?

残業ナシに加えて会社の近くに住むことができれば、鬼に金棒です。

 

www.sachio929.net

 

2-副業が可能である会社

一つ目にお話しさせていただいた内容と少し被りますが…

必ず、副業可能な会社に就職しましょう。

副業が可能であれば、実質的に無限に自分の収入を増やせるわけじゃないですか。
会社から最低限の生活費を定期的に振り込まれながら副業で成り上がるの、めちゃくちゃ最高じゃありませんか?

 

www.sachio929.net

 

副業で稼ぐことができれば、福利厚生なんて気になりませんしね。

今時、女性が結婚したい職業には公務員が上位なわけですが…
「安定」という名の無限ATMですね。

副業ができない公務員のことを「福利厚生がいい」なんて、バカの極みですね。
どんなに良い福利厚生でも、もらえる金額には限界があるわけで。
副業で得られるお金の前では、公務員の福利厚生なんて、霞むわけで…

公務員になれるくらい優秀なのに収入の上限があるの、凄く可哀想ですよね。

しっかりと副業ができるのであれば、長い目で見れば福利厚生よりも副業の方が明らかにコスパがいいんですよね。
また、不況の煽りで、福利厚生がいつなくなるかもわかりませんしね。


また、世の中には「副業禁止!自社の仕事に専念しろ!」みたいな老害思考の会社も沢山ありますよね。
そのような、社員を洗脳する気満々の会社には絶対に入ってはいけませんよ♪

 

3-作業自体が好きな仕事

最後は、会社というより、仕事内容ですね。

作業自体が好きな仕事を選びましょう。
やりたくない仕事を選んでも、病んでしまうだけですからね。

そもそも、さちおは「仕事=お金が得られる作業」と考えております。
その作業が苦痛ではない仕事を選ばなければいけないのです。

例えば、

  • 医者→診察、手術、研究・学会発表、論文執筆
  • 営業→テレアポ、交渉、セールスツールの作成
  • 事務→エクセル打ち込み、お茶出し
  • 教師→教える、書類作成、保護者対応
  • 経理→エクセル打ち込み、電卓叩き
  • IT→コーディング、仕様書の作成
  • ブロガー→記事の執筆、アフィリエイトの仕込み、オンラインサロンの運営

等…

仕事って、結局は作業なわけじゃないですか。

「人と話すことが好き」だから営業職に就いたとしても、営業の作業が苦手であれば、すぐ嫌になってしまうわけで。
「旅行が好き」という理由で旅行代理店に入ったとしても、結局は「旅行を売る」という作業が嫌いであれば、すぐ嫌になってしまうわけで…
逆に、「売る」という作業が好きで得意であれば、どんな業界の営業職へも就くことが出来ますよね。

仕事選びをする際、作業を大切に考えてみてはいかがですか?


会社選びに無駄な基準って軸って?

最後に、さちおが考える「会社選びに無駄な軸」についてご紹介しますね。

  • 年収、ボーナス、退職金の額
  • 人間関係

まず、お金の話をしますね。
お給料で会社を考える人たちは、全員バカだとさちおは考えております。

散々この記事でも述べてきましたが、今時会社以外でもお金を得られる機会はあるわけじゃないですか。
それらを利用してお金を稼ぐことができれば、会社で得られる年収なんて気にする必要がないわけじゃないですか。

年収がいい会社でも、残業で拘束されてしまえば、副業はできわけで…
定額の残業代を受け取るために、会社のために自分の寿命を切り売りするのはちょっとコスパが悪すぎませんかねえ…?

よっぽど「家族を養うためのお金を稼がなくてはいけない」事情がない限りは、年収なんて気にしない方がよくありませんか?

お次は、人間関係についても説明させていただきますね。
会社説明会に行くと、入社1~3年目くらいの若手社員が「会う人が良くてこの会社に決めました!」なんてふざけたことを抜かしますよね。

もう、バカですよねぇ…

人間関係は運ゲー。

これだけは、絶対に覚えておいてください。
人間関係は運ゲーなんです。

配属先なり、上司の性格との相性なり、複雑な要素が絡み合うわけですが…

大前提として、利益を追い求めつつ昇進昇級争いをする社内で、良い人間関係が生まれる可能性なんて限りなく低いです。
人間関係を当てにして会社を選ぶことは、

いくら先輩社員が「人間関係がいい」と言っても、鵜呑みにはしないほうがいいですね。
神社にでも行って、よい人間関係に恵まれるようにお祈りをしましょう。

 

www.sachio929.net

 

 

まとめ

いかがでしたか?
今回は、さちおが考える「絶対に必要な、会社選びの3つの軸」について書きました。

就活中の方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

以上、さちおからでした~!
※ご質問・ご相談がございましたら、TwitterのDMまでお気軽にお願いします♪

 

あとがき

でも、お金欲しいよねぇ…

 

www.sachio929.net

 

【スポンサーリンク】