労働はクソ

「労働はクソ」だと常日頃から思っている都内独り暮らしOLのブログ。仕事、休職、うつ病、受験、ミニマリスト、ブログ運営、書評等を書いています。

【社畜必見】「会社を徹底的に利用して使い倒す」5つの方法って?

f:id:sachio929:20191103101225j:plain

こんにちは、さちおです。
労働って、クソですよね。
皆さんは、「会社員」という立場に関しては、どうお考えでしょうか?
「早く辞めたい…懲役40年辛すぎる…」とお考えでしょうか?
それとも、「会社員も悪くはないんじゃないかな?脱サラできるほどの才能は自分にはないし…」とお考えでしょうか?
 
ちなみにさちおは、後者よりです。
脱サラする勇気はないので、一生会社員で人生を終えそうですのでね。
ただ、虐げられる「会社員」という立場は、活用できることって色々あると思うんですよね。
 
んで、それをまとめてみました。
今回は、「会社を使い倒す」5つの方法について書きますね。
※結構、当たり前のことを書いちゃったつもり。
※さちおの主観です。
断言しますが、あくまでも会社は、「使い倒すツール」です♪
ゆっくりしていってね!


「会社員」という肩書に絶望している人が多すぎる件。

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、社員として勤めている会社に飼い慣らされ、自分の意思良心を放棄し、サービス残業転勤も厭わない奴隷家畜)と化した賃金労働者の状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語かつ俗語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも、外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。社畜 - Wikipedia
日本には社畜という歯車が沢山存在しているわけですよね。
ツイッター、どこを見ても「仕事辞めたい」で溢れかえっているわけです。
ただ、愚痴っているだけで行動しないままでは何も変わりません。
それらの方々は一生「社畜」で人生を終えてしまいそうですよね。
んで。
一生会社員で人生を終了してしまう人が多そうですので、会社の活用方法をまとめてみた次第なんですよ。
ちなみに、会社員を賛美している書籍も存在しております。

さちおの一番好きなブロガーさんの著書。

控えめに言って、神書。

www.sachio929.net

これをきっかけに、この記事を書いてみた次第でもあります。
以下、会社員として生きることに絶望している方向けに、少しでも気が楽になるメソッドを紹介していくよ~!


1-会社から任される仕事でスキルアップを目指していく。

せっかく会社に使われるのですから、何かしらのスキルアップを狙っていきましょう。
「会社」という看板があれば、個人では受注できないような規模の仕事もできるわけでして。
会社にいることで、スキルアップは狙いやすいと思うんですよね。
「スキルアップ」って、何も転職で話せるネタに限らないと思います。
コミュ障の人が、対人スキルを学ぶために営業職についてもいいわけです。
※まさにさちおなわけですが。
また、資格取得を目指している人が、試験で出題さえる知識の取得のために法律事務所に勤めることだってできるわけです。
さちおみたいに、ブログネタを回収するために会社に勤めてもいいわけですからね。
大半の人がアンテナを張っていないだけで、会社って給料以外にも得られるものが沢山あります。
少しでも、会社で宝探しをしてみてはいかがでしょうかね?


2-会社で人脈増やしていく。

会社というのは、人の集まりなわけですが。
会社に勤めているだけで、嫌でも人間関係を形成しなくてはいけません。
それが結果で病んでしまう人も多々いるらしいですね。
ただ、目的意識をもって人脈を形成することだってできます。
社長に媚び売ってコネを作って、経営者としての仕事を学ぶこともできます。
社内恋愛で結婚をしちゃう人もいたり、取引先にヘッドハンティングされちゃう人もいちゃったり。
会社で過ごすことによって人脈を増やしていくと、思わぬメリットが見つかる可能性もあります。
「こんな知識や経験を持っている人と知り合いたい」みたいな目的意識をもって、社内外のいろいろな人に声をかけてみてはいかがでしょうかね?
今どきの社会人は「出会いがない」なんて嘆いちゃうんだから、会社の人脈くらいは活用しないと一生出会いがないんじゃないですかね?


3-会社から生活費を受け取る。

会社にいる限り、給料として「生活費」を受け取ることができます。
これ、勘違いしている人が多いのですが。
給料って別に「仕事頑張った対価」なわけじゃないんですよね。
会社が存続するために社員を生かすための最低限のお金は、生活費なのです。
当たり前ですが、会社だって生き残るために余分なお金を社員に渡したくないわけですからね。
「こんなに頑張っているのに給料が上がらない」なんて嘆いちゃうから、余計に苦しくなっちゃう。
「会社にいる限り、言われたことやっていれば最低限度の生活が保障される」くらいに思っておきましょう。
意識の高い人だけが、会社で成果を出して、他社の生活を保障してくれるわけですからね。
どうしても生活費が足りないなら、副業すればいいだけですからね~。
※さちおは、会社からの収入は手取り15万あれば十分だと感じちゃってます。

www.sachio929.net

www.sachio929.net

www.sachio929.net

あと、会社に勤めている限り、社会保障費や税金関係の事務も全部やってくれるから、手間暇もかからないです。

そのあたりもメリットとして捉えてもいいんじゃないですかね?
 

4-「会社員」の肩書を活用してクレカやローンを利用する。

まぁ、一応当たり前のことも書いておきましょう。
会社員という肩書がある限りは、金銭面で何かと優遇されます。
住宅ローンなり、クレカなりの審査に通りやすくなるわけでして。
何の書籍で読んだのか忘れちゃったのですが、不動産収入で年数千万稼いでいても仕事を辞めない薬剤師の人がいらっしゃるとかなんとか。
薬剤師の肩書を持っているからこそ、お金を借りやすいんだって。
せっかく会社員でいられるなら、お金周りのこともしっかりと会社員の肩書を活用してみてはいかがでしょうかね?


5-会社に仕事の進捗を管理してもらえる。

最後に一番大切なことをお伝えしましょう。
会社にいることで、仕事の進捗を管理してもらえます。
すげぇストレスが溜まるのですが、書類の提出があったり、納期があったり。
「いやいや、社会の歯車になるなんて、真っ平ごめんだよ」なんて言っちゃう人もいるかもしれませんが。
管理下に置かれないことって、多分めちゃくちゃリスク。
浪人生の大半が、宅浪ではなく予備校通いを選ぶじゃないですか?
多分、それと同じ。
フリーランスになりたい人が一定数いるみたいですが、自己管理能力も行動力もない大半の日本人は多分ムリゲー。会社員がお似合い。
大人しく会社員やって仕事の進捗を管理された方が身のためだと思うんですよね。
周りから求められているからこそ、それがモチベーションにつながって仕事ができるわけです。
少なくとも、めんどくさがり屋を極めすぎているさちおは、フリーランスは無理そうです。
ブログ開設し始めは、「労働はクソ。ブログで成り上がって、脱サラしてやるぜ!」なんて思っちゃいましたが。
アラサーになり、一生会社員の覚悟は、最近でき始めてきちゃいました。
ただ、どうしてもプロブロガーになりたい人は、大手Webメディア運営会社にでも転職して、記事ペースが問題ないか確認してみるのもいいかもしれないですね。
 


最後に

会社員という立場に絶望して懲役40年やらかしちゃってる皆様、いかがでしょうか。
せっかく会社員という虐げられる立場になってしまったのですから、少しでもその立場を生かしてみてはいかがでしょうかね?