労働はクソ

「労働はクソ」だと常日頃から思っている都内独り暮らしOLのブログ。仕事、休職、うつ病、受験、ミニマリスト、ブログ運営、書評等を書いています。

決断力がない人間がクズである理由と、決断力を身に着ける5つの方法って?

決断力のない皆様!
「この記事を読む」という決断はできましたね!
えらいえらい!

f:id:sachio929:20191104204644j:plainこんにちは、さちおです。

労働って、クソですよね。
皆さんは、「決断できない優柔不断な人間」に関しては、どうお考えでしょうか?
「私も決断するのは苦手…あんまり他人のことは言えない…」とお考えでしょうか?
それとも、「決断できない人間は、本当にクズ。〇ね!」等と、さちおみたいなお考えでしょうか?
 
先日友人とファミレスに行ったとき、その友人はなかなかメニューを決められなかったんですよね。
さちおは非常に心が狭いので、ちょっと待たされるだけでもイライラしちゃった。
今回は、決断力がない人間がクズである理由と、決断力を身に着ける5つの方法について書きますね。
※さちおの主観です。
ゆっくりしていってね!

「決断力」がない人間がクズであり、周りに与える弊害が大きすぎる。

ゆうじゅうふだん【優柔不断】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ぐずぐずして物事の決断のにぶい・こと(さま)。優遊不断。 「 -な性格」優柔不断(ユウジュウフダン)とは - コトバンク
決断力がない人間がクズである理由って、他人の時間を奪うことなんですよね。
決断を先延ばしにすることで、他人に迷惑をかけてしまう。
「他人の時間を奪うことがどれだけの重罪なのか」を自覚していないから、また質が悪い。
先程のファミレスの話に移りますが。
さちおは、極度のコスパ主義、時間主義なので、ちょっと無駄な時間を過ごすだけでイライラしちゃう。
※まぁ、ノートパソコン開いてすぐにブログ書き始めちゃってましたが。
例えば、「車」や「家」等の大きな買い物は、大きな決断でしょう。
決断力のある人間は、「判断材料にするために、これくらいの予算での見積もりを出してもらおう」なり、「早急に必要だから今日中に絶対に決める」等と考えるわけです。
細切れで決断したり、「決断する」こと自体の決断がしっかりとできているわけですね。
一方で、決断力のないゴミクズ人間は「決断する」こと自体の決断をしていないわけです。
何も考えずに「とりあえずパンフレットでも貰いに行こうかな」って感じで話を聞きに行く。
んで、帰宅後には晩御飯の準備しながら「マイホーム、どうしよっかな~」とかボケーっとテレビでもみながら翌日にはパンフレットがダイニングテーブルの上に放置されているわけです。
話が全く進んでおりませんので、家族や営業から無駄な時間を奪っちゃうんですよね。超重罪。
決断力のない人間と関わっているだけで無駄に時間が浪費されていっちゃうんです。
じゃけん、どんどん縁を切っていきましょうね~♪
※さっきのファミレスの人とは、もう二度と関わることはないでしょう。
※決断力のない人間と結婚なんてしちゃったら、それはもう人生の墓場。

「決断力」を身に着ける5つの方法って?

んで。
さちおも元々は優柔不断な方だったのですが。
ブログ運営を始めてからは時間の大切さに存分に気づき、決断力を少しずつ身に着けていった次第ではあります。
以下、さちおなりの「決断力の身に着け方」とまとめてみましたので、決断力のない方は参考にしてみてくださいね。
ぶっちゃけ、結構当たり前な内容になっちゃう。けど、決断できない人向けに、しっかりと書いたつもり。
あと、以下の方法を読む前に、「以下の方法を必ず実行する!」という決断は必ずしてくださいね!
 

①選択肢を徹底的に減らす。

選択肢を徹底的に減らしておきましょう。
昨今では、情報や選択肢が溢れかえりすぎて、何かを選ぶことがなかなか難しくなってきておりますが。
選択肢を元々減らしておくことで、決断がスムーズに行えます。
例えば、先程のファミレスの話であれば「1000円以上のものは食べない」「ドリンクバーは太るから頼まない」「麺類はコスパが悪いから頼まない」なんてあらかじめ選択肢を減らしておきましょう。
着る服に悩んでいる時間がもったいないです、服も断捨離しましょう。
家を買う時なんかも、「1階には住まない」「4000万以上の家を買わない」「3LDK以外は除外」なんてね。
ミニマリスト的な思考です。
できる限り選択肢を減らすことで、スムーズに決断をできるようにしていきましょう。


②決断を細切れにしてみる。

「決断」自体を細切れにしてみましょう。
例えば、「家を買う」なんていう大きな決断は一度に行うことがなかなか難しいわけですが。
「今日は、3LDK、4000万円以下の見積もりを複数貰おう」
「今日は、5つの候補のうちから、3つに絞ろう」
「今日は、絞った候補の内見に行こう」
「今日は、支払方法を決めよう。」
 
等と、少しずつ決断を細切れにしていくのです。
先程挙げた、「選択肢を減らす」方法と併せると、結構スムーズになります。
他にも、結婚、転職等々、いろいろなものに応用することができます。
少しずつ、日ごろから細かい決断をする練習をしていくと、自然と決断力も身に付きますしね。
こんな低俗なブログを読んでいる人の「決断」なんて、決して大きな影響がありませんからね。


③ブログを開設してみる。

あと、決断力のない人は、ブログ開設することもおすすめです。
まぁ、「ブログを開設する」という決断も、難しいとは思いますが…
ブログって、何を書いてもいいのです。
なので、どんな決断でもブログネタにできちゃいます。
特に、失敗談はネタとしても伸びますしね。
あと、ブログ開設って、無料で誰でもリスクなしでできちゃいます。
決断力のない人は、何の挑戦もできていない無気力な方だとは思いますので。
ブログを開設すると、「リスクなしで、何かに挑戦してみる決断ができた!」って成功体験にもなりますからね。
決断力のない皆様、ブログ開設いかがでしょうか?

 

www.sachio929.net

www.sachio929.net

④「決断しないことが人に迷惑をかけている」ことを自覚する。

「決断力のない人間はクズ」という話に少し戻ります。
決断力のないことが人様に迷惑をかけていることを、決断力のない人はしっかりと自覚しましょう。
決断力がないことで、他人の時間を無駄に奪ってしまうのです。
他人の時間を奪うことは、他人の寿命を奪うことと同義。
殺人と変わりません。
昔から親御さんから「人に迷惑をかけるな」って言われてきている人は、是非、肝に銘じていただきたいです。
さちおは大した決断はしたことがないのですが、まぁ、人に迷惑をかけるくらいなら自分がさっさと決断して被害を被った方がいいと思っております。
全部、ブログネタになりますしね。
だから、難しい仕事もすぐに請け負っちゃって、苦しい思いをしちゃうこともしばしばあるのですがね…
 

常にリサーチする習慣を身に着ける。

最後に。
日頃から、リサーチする習慣を身に着けておきましょう。
別に、書籍を購入したり、専門家に聞いたりしてみる必要はありません。
小さなことでも構いませんので、情報を集めていく癖をつけておきましょう。
一般人の裁量で行う決断による失敗談や成功談なんて、ネットにいくらでも転がってます。
小さな買い物であれば、Amazonレビューで一発です。
日本人は、みんなと同じもの買いたいので、すぐ解決です。
選択肢を減らしたり、細切れで決断をしていくためにも、判断材料は必要になってくるわけですが。
そのための知識や判断材料を得るためにも、日頃からグーグル先生に何でも聞く習慣は身に着けておきましょう。
リサーチ能力がつけば、一流の決断力なんかも調べてみていいかもしれませんしね。 
決断力 (角川oneテーマ21)

決断力 (角川oneテーマ21)

 

最後に

さちおの学生時代の友人の話を最後にしておきましょう。
彼は、大学卒業時に就職せず、アルバイトでお金を貯めて、海外長期留学を計画しておりました。
けど、社会人3年目を終えようとしているこの時期で全く準備を進めておりません。
決断力のなさが、人生そのものを溝に捨てる可能性もあります。
決断力のない人は、ちょっと考えてみてくださいね。
決断力が身に付きそうな曲を載せておきますね。